マインドハウス四日市 選手ブログ

マインドハウス四日市 所属選手陣のチームブログです。

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2011年11月01日(火)

後期2節 KMEW伊賀FC戦 [鷲野卓也]

こんばんは。

最近僕しか更新していませんが、シーズンも終盤になり盛り上がってきたので続けて書きたいと思います!

日曜日に後期第2節KMEW伊賀FC戦がありました。
簡単に振り返ります!


グラウンドは美杉フットパーク。
ピクシーB.C.のホームグラウンド。

美杉と聞いただけで三重県人なら遠い場所だと想像するでしょう。

周囲は高い山に囲まれた緑あふれるグラウンド。

僕の愛用携帯iphoneはもちろん圏外。

天気は雨、グラウンドは野球場併用の土。

技術が無い僕には不利な条件のなか試合スタート!

スタメンは

GK前田
DFは右から谷、古西、ミスター、鷲野
中盤はボランチに杉原と啓太郎さん。右に高木、左にベテラン久志本さん。
FWは葛和さんと菊さん。

このメンバーでスタートしました。
古西、杉原は新加入選手で今節から出場可能。
まじめに練習に取り組む熱い若手です。

前回と同様にボールはマインドが保持する時間が長い。
マインドのCB、ボランチがフリーになれる事が多く、縦パスが効果的に入る。中盤の選手がフリーで前を向ける為に効果的な攻撃が続く。
奪ってからのカウンターを狙う相手。速いFWがいるのでそこだけを注意しているのは共通理解だった。

前半中盤あたりで谷からのセンタリングを中で高木がスルーをし、裏で待ち構えていたのは葛和さん。

試合開始の時に葛和さんの靴をみたらなんとトレシュー。
僕は不安に思っていた。

シュートモーションに入った瞬間に案の定軸足が滑る。
ほれいわんこっちゃない!
と思った瞬間、滑った軸足ががフェイントになりキーパーの逆を突くシュートが決まり先制。

三菱UFJを辞めてフランスにサッカーをしに行っただけのことはあります。

先制しボールは保持するがシュートまで行く回数は少ない。
膠着状態のなか最終ラインでボールをかっさられ1対1にしてしまう回数2回。中盤で奪われ決定的な場面を作られること1回。決められる所を全部決められていたら1-3になっているところだったがなんとか無失点で乗り切れた。今日はついていると3回も思ってしまった。

後半開始早々中盤右サイドで奪われ、そのままクロスを放り込まれる。僕の左側にいた相手選手に斜めに入ってこられてシュートを決められる。安易にオフサイドを決めてしまった僕の責任だった。

1-1になったが中盤はマインドが支配していた。
中盤の4人は前を向いてボールを受けれるのでサイドを広く使えていた。

サークル付近でミスターから高木にふんわりしたボールを入れる。
CBとサイドバックの間にこぼれる。
後半から入った渡邊拓が拾う。
ドリブルで突っかかる。
またもやボテボテのシュート。
しかしコースは絶妙。

2-1で勝ち越し。
仕事が忙しく最近練習参加できていないのに見事としか言いようがない。

残り10分でミスターがイエロー二枚で退場に。
啓太郎さんがCBに降りて対応。

ここからお互いファールが多くなる。
FKで何回か放り込まれるがみんなで集中を切らさず弾く。

73分途中出場の兵頭さんから拓郎さんへ絶妙なパス。
PA内でDFと1対1。
スピードで半身を抜き、ニアハイにシュート一閃!
3-1!



なんとか勝つことが出来、他の試合結果によって今シーズン初の首位に。
尚且つ東海リーグ入れ替え戦条件である2位以内も決定しました。


次節はホンダ鈴鹿FCと1位をかけて最終戦です。

東海リーグ復帰に向けてチーム全員で頑張って行きたいと思います!

Posted by 選手 at 22時41分

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://mhy.jp/blog/tb.php?ID=71

ページのトップへ ページのトップへ

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2011 MINDHOUSE YOKKAICHI All rights reserved.