マインドハウス四日市 選手ブログ

マインドハウス四日市 所属選手陣のチームブログです。

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2011年07月11日(月)

AP通信Vol.5 [中西伸之]

県リーグ&全国社会人選手権終了

昨日のリーグ戦終了にて、長い夏休みに入りました。
上半期の結果は、チームとして決して満足出来るものではないと思います↓

天皇杯:決勝戦敗戦
県リーグ:5勝1敗2分 
全社 :東海予選敗退

今年は、一身上の都合により、公式戦全試合参加!
              出場時間 0分
              公式戦奥義発動回数 0回

今季のチーム目標は、天皇杯出場、全国社会人出場、東海リーグ昇格でしたが残すはたった一つ「東海リーグ昇格」だけです!

前期は選手の口癖となっていた
「今日は(あの試合は)勝てたな!」
後期は、口癖にならないようにしましょう!

その為に各選手、国体、ケガの治療、体力維持と頑張りましょう!!

オッサンはBBQに向けた準備、練習参加に全力で邁進していきます。(暴飲暴食はソコソコにします!)


最後に
チーム活動を応援、ご協力して頂いているスポンサーの方、選手を毎週送り出して頂いているご家族の皆様には感謝致します。
今後も宜しくお願いいたします。



 

Posted by 選手 at 23時41分   パーマリンク

2011年07月05日(火)

対藤枝MYFC [藤田直哉]


日曜日はお疲れ様でした。
試合を終えて感じた事は、格上の相手でもある程度戦えるという手応えです。
でも結果は2ー1の負け、地区予選敗退で何も残ってません。
負けて学ぶ事も多いですが、勝って次に進めると、また違った経験ができ、手応えは自信になると思います。これからの試合はもっともっと勝ちにこだわって、勝って勝ってたまに負けてもっと強いチームになっていければと思います。

Posted by 選手 at 17時18分   パーマリンク

2011年06月30日(木)

試合感想 [田中宏輝]

対 KMEW伊賀FC

前半1-0(菊地) 
後半1-1(藤田)
 2-1勝利   ※2アシスト 谷


暑い中サポートして下さった選手の方、ありがとうございました。

前半開始3分で先制点を取ることができたが、それ以降ゴールに向かうプレーが少なく、前節のホンダ戦と同様に自分達のミスでリズムが出ない状況であった。

後半10分に同点に追いつかれ、引き分けムードが漂っていたが、後半20分(葛和→太田)、25分(渡辺→兵頭)のFW2人を交代し、全ての流れが変わった。

特に兵頭がシンプルにプレーし、ゴール前に走りこむプレーをする事で、ゴールへ向かうプレーが増え、後半30分に藤田の得点が生まれた。まだまだベテラン(兵頭)の存在感を感じた。

厳しい中、勝ち点3を取れたので、本当に良かった。 反省点を修正し、全社に挑みます。

これからも厳しい戦いが続きますが、チーム一体となり頑張っていきましょう。


田中


Posted by 選手 at 21時38分   パーマリンク

2011年06月22日(水)

対ホンダ鈴鹿FC戦 [田中宏輝]

今回はたくさんの選手が集まり、試合に出れなかった選手にはサポートしてもらい大
変助かりました。ありがとうございました。


前半相手のプレスが早く、高い位置でボールを奪われ、幾つか決定的なチャンスを作
られたが、それを耐え抜いた前半20分に
相手ゴール前25〜30mのセットプレーで大塚が直接ゴール!1点を先取してからは攻
撃、守備共にリズム良く、5分後に渡辺が追加点を取り、
押せ押せであったが、試合を決める3点目が奪えずに前半終了。
後半は2点差あれば余裕と思っていたが、自陣で簡単にボールを奪われるミスを繰り
返し、PKとセットプレーで2点を奪われた。
PKも、2点目のファールを取られた時も結局、自分達のミスから始まった事であり、
ミスさえ無ければ防げた失点なんで非常に残念だ。

もう一つ残念であったのが、試合中にレフリーを野次り、警告を受けた選手がいた事
だ。野次る事よりチームを盛り上げる声が欲しい。厳しい状況で
ある時こそ、一体感を出して行きたかった。警告を受けた選手だけではありません。
社会人として態度には気をつけて行きましょう。

選手へ:上位3つが混戦状態で非常に面白くなってきました。厳しい状況を楽しんで
勝てるように取り組んでいきましょう。
      サポートしてくれる人達の為にも出ている選手は責任を持って戦いま
しょう。


田中

Posted by 選手 at 09時20分   パーマリンク

2011年06月21日(火)

戦評 [葛和修治]

ホンダとの決戦、勝てば首位に立てるマインドの出足はよく、試合開始から優位に試合を進める展開。そして前半に2点を奪い、危な気なく前半は終了。

前半、センターハーフの所で、ボールが収まらず、ボールを奪われたりして、失点につながりかねないプレーがあったので、その部分は修正しようと、ハーフタイムでの話し合い。

後半、ホンダはスリーバックにシステムを変えて反撃。出足がよくなり、マインドが守勢に回る展開。マインドは中盤の真ん中で起点を作ろうと、健太郎をセンターハーフにポジションを変えたが、それが帰って裏目に。前半はサイドの健太郎の所で起点が作れていたが、後半はそれができなくなり、サイドでの主導権もホンダに握られ、後手後手。結局、流れからは失点されないものの、PKとFKで2失点。

楽に勝てたはずの試合が、結局引き分けで終了。

選手権の決勝戦も同様でしたが、チャンスで3点目を奪えず、試合を決められなかったのが、勝てなかった原因。

自分を含め、いかに決定力を上げて行けるかが、今後の課題。厳しい試合、1点で泣かないように、チーム全員がどれだけシビアになれるか!!

Posted by 選手 at 10時05分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2011 MINDHOUSE YOKKAICHI All rights reserved.